ナース

手術をしよう

ナース

様々な種類がある

ほくろはほとんどの人に存在するものです。黒いしみのようなものですが、ほくろがあることは決して不自然なことではないので、特に気にする必要はないです。しかし、ごくまれに大きく膨れ上がってしまうものや、場所によっては人にあまりいい印象を与えないようなものもあります。そういったときは、ほくろを除去するという選択をするといいでしょう。そして、そのために行う施術は非常にたくさんの種類があります。まず、顔のほくろを取るためによく用いられるのは、くりぬき法というものです。医療用のパンチのような特殊な道具やメスを使って、名前の通りほくろをくりぬいた後に縫合するというものです。これだけ聞くと、顔に穴が開いてしまいそうな気がしますがその心配はありません。なぜなら、顔の皮膚の修復力はほかの場所の皮膚よりも高いからです。そのため、この方法が最も有効になります。また、大きさは大体5ミリから6ミリ程度のものを対象として行われます。切除縫合法もほくろ除去の手術において有名です。これはメスによってほくろを切除した後、縫合して抜糸するというものです。最もシンプルでわかりやすい手術方法です。通常は、切除した後に縫合を行いますが、ほくろのサイズが大きい場合には皮弁術を用いて縫合を行います。デザインの決定は手術経験が豊富な医師が行うので安心です。そして、最近よく行われている手術方法は、レーザーによるものです。ほくろは色が黒いので、黒い色に反応するレーザーを使用します。そして、細胞から破壊していったり、レーザーを電気メスのように使用して削ることで治療を行ったりします。また、レーザー治療といっても様々な種類があります。まず削るタイプのレーザーは、炭酸ガスレーザーというものです。そして、削らないタイプのレーザーはQスイッチレーザーとロングパルスレーザーというものです。削るタイプのレーザーは手術の回数が少なくて済み、さらに再発する可能性が低いです。しかし、痛みを伴うことがあります。逆に削らないタイプのレーザーは再発する可能性が高いですが、痛みを伴いにくいのが特徴です。医師と相談してどちらがいいか決めましょう。